京都・和歌山の繊維産地間連携事業による新商品紹介に係わる記者会見の開催


2018-07-05 その他
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


― わこと(WAKOTO) ~ 和歌山・高野口・京都 Fusion TexTile)―

(地独)京都市産業技術研究所のご支援により、京都の地場産業である「京プリント」業界の活性化に向けて、産地間連携による新製品開発による、産地コラボレーション事業の企画実施がスタートしました。
 この度、わかやま繊維協会主催による「ぷわぷわ展」ラフォーレミュージアム原宿9月26日(水)~28日(金)開催予定への京都プリント染色協同組合(京都・プリント加工)よる、新商品開発協力参加内容。及び、紀州繊維工業協同組合(高野口・パイル生地)及び和歌山ニット商工業協同組合(和歌山・丸編ニット生地)との3組合による産地間連携にて、JAPANブランド育成支援事業の採択が決まり、本格的な事業「わこと(WAKOTO)」の今後の取組成果と新商品を紹介するための記者会見を下記の通り開催しました。

1.会見日時    平成30年7月3日(火)午後2時~3時30分
2.会見場所  ホテルモントレ京都 2階 小宴会場「楼明」
3.内  容
一.新商品の説明
二.今後の取組について
①「ぷわぷわ展」ラフォーレミュージアム原宿出展内容
9月26日(水)~28日(金)開催予定
② JAPANブランド育成支援事業(戦略策定支援事業)補助事業計画

事業内容等
(1)実施プロジェクト
① プロジェクト名
産地間連携による日本の染織文化を活かしたブランド設定
② プロジェクト概要
京都の多色高精細プリント技術と和歌山のパイル・ニット繊維を融合させた素材展開と京都の染織デザインを活用した高級テキスタイル商品の開発を行うとともに海外展開を見据えた販路開拓の戦略策定を行う。
③ 事業内容
一.市場獲得を目指す対象国
米国及び仏国、伊国など欧州
二.事業をめぐる環境及びその分析
○ 国内の繊維産地
これまで産地間の取引はあまり行われてこなかったため、その取組方法やルートを策定し、産地間連携でのオリジナル商品開発に取組んで新しい販路開拓を行う。
○ 海外における日本のテキスタイル
素材開発に代表されるハイ・テクノジーと、感性豊か な職人の高い技術力に裏打ちされたロー・テクノジーの要素が共存する最良モノづくりを評価していただき海外への販路開拓を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加